国内外に多数の店舗を展開する、大手総合ディスカウントストア・X(仮名)。食料品、日用品、雑貨から家電、さらにはブランド品まで激安とあって、365日ほぼ24時間客でごった返す人気ぶりだ。しかし、痛ましい放火事件で露呈した消防法違反や騒音問題、治安問題、近隣住民との度重なるトラブル。さらにジェット・コースター建設騒動、社内イジメ問題、労働基準法違反なども発覚しているが、その中でも、特によく話題になる「Xのブランド品は本物か?」という疑いについて取材してみた。 秘訣は「確実なパートナー」「自社内基準」Xのブランド品コーナーに無数に並ぶ、激安商品の数々。例えば直営店で買えば1万6800円するグッチのネクタイが9000円程度。新品なら15万円はするルイ・ヴィトンのバッグも6万8000円ほど。これはいくらなんでも安すぎる。Xでブランド品を買った経験のある方の中にも、一度は「スーパーコピーなる偽物じゃないのか?」と疑ったことがある人が多いだろうそこで、この疑問についてX本部に取材したころ、次のような回答が寄せられた「弊社取り扱いブランド品は、ほぼ全て『並行輸入品』であり、確実なパートナーを厳選した上で、自社内基準に基づいて厳正に検品していますから、ご心配なく」

ちなみに、『並行輸入』とは、ブランドホルダーから国内直営店・総代理店に至るルートとは別の海外直営店・海外正規代理店・免税店などから二次的に商品を買い付けるルートを経由した輸入のことである。…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です