ロレックスは無駄に高いわけではありません高いのにはそれなりの理由があるわけですそれが高級機械式時計のメーカーとしての道を歩んできたロレックスの強みでしょう時計の中に振り子が入っていて、時計の角度によってくるくる回りますこの動きによってゼンマイを巻き上げるのですこのような仕掛けまでコピーするのは非常に手間がかかるため、ロレックスの偽物は分解するとすぐにわかるものがほとんどですさらには分解しようとしてわかるものもスーパーコピーとなると質屋さんでも鑑定できないことが多いため、すべてのロレックスを見抜けるわけではありませんが、確かなことは「正規代理店で購入すればよい」ということです当たり前に思えるかもしれませんが、結局そのぐらいしか対抗策が無いほど、ロレックスの偽物は増えているんですロレックスのケース本体の裏フタが防水用のネジ止めになっているというのはひとつのヒントです普通の時計の防水裏フタ開け機なんかでは到底開かないローレット式で開ける形式になっているのです安っぽいロレックススーパーコピー商品ならこの辺の作りが雑ですからすぐにわかります安価で売りさばくために工数を減らしているのでしょう本物ほどの手間をかけて作るとなるとそれなりの材料費・人件費がかかりますので、スーパーコピーは10万円以上するものもあるそうです10万円以上払って偽者を掴まされるなんて悪夢ですが、その労力を別のことに使えないでしょうか・・残念な限りですテーマ : 日記 ジャンル : 日記

ロレックスのエクスプローラーⅡはやけに偽物が多いわけですが、中にはちゃっちいものも少なくはなく、文字盤がボロボロだったり、数字がでかかったり・・といろいろです文字盤が精巧にできていてもベルトの部分ですぐにわかるものもありますロレックスのエクスプローラーⅡのベルト部分は良く見ると柄のような模様のようなものが入っていますこの部分がズレている偽物が多いのですねここさえ見れば偽者がわかるわけではありませんが、ひとつの見破り方として使えそうですテーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です